コンセプト

1.「子どもは必ず伸びる力を持っている」という信念をもって接します。
できないことには原因があります。その原因を探し出します。

2.一時的な成績向上テクニックではなく、学力をつける指導をおこないます。
学校の定期テストの成績を一時的に上げることよりも、本当にその教科ができるようになる指導を行います。

3.勉強を通じて、目標達成力をつけることを目標とします。
「成績があがった」「志望校に合格した」等達成したことよりも、達成するための過程で身に着けた力を大切にします。その経験が次の目標達成の力になります。

 

□子どもを塾・予備校に通わせているけれど成績が伸びない

□いわれないと子どもが勉強しない(前向きに勉強しているように見えない)

□子どものやる気が見えない

□子どもにどんな声掛けをしていいのかわからない

□子どもにいろいろ言うことに疲れてしまった

 

●保護者面談(1時間~2時間)
保護者の方からお子様の教育に関する悩みをお伺いします。
お子様の性格、家族構成、家での学習状況、今までの学習状況(通塾経歴など)、ご家庭の教育方針、保護者の方の願い、お子様と保護者の方の教育に関するやり取り、等
いろいろなことを教えていただきたいと思います。

●学習状況確認面談(3-5時間)
お子様の学習状況について実際の科目の解き方を見ながら確認してまいります。
お子様が使用している学校・塾の教科書、テキスト、問題集、参考書を持参していただき、
どのように使っているのかを1つ1つ確認してまいります。
※科目の数により所要時間は異なります

●学習戦略アドバイスの作成
学習状況確認面談を踏まえて、3か月の学習戦略アドバイス(お子様の勉強方法の課題、3か月後の目標、3か月の学習スケジュール等)の作成を行います。
保護者の方にも、お子様への働きかけについてのお願いを作成させていただきます。

●学習戦略アドバイスの共有と宣言
学習戦略アドバイスをみて、この戦略で3か月間がんばることを宣言していただきます。
※ここで宣言できない場合にはその後の指導をお断りさせていただく場合もございます。

●定期面談(3か月で毎月1,2回)
学習戦略アドバイスに基づき、学習が進んでいるか、解き方が正しくできているかを確認していきます。
保護者の方の、お子様への働きかけについても同様に確認をしてまいります

●総括面談(1時間)
3か月後、進捗状況についてご報告をさせていただきます。


中1と小6の子どもたちの指導をお願いしました。
結果として、3か月で長男(中1)の苦手だった国語のテストの成績が上がりました。
短期的な学力アップよりは、未来に向けて、子どもが勉強を好きになるきっかけづくりという目的でお願いしていたので、こんなに早く結果がでて驚きです。
ベテランの本間先生なので、ノートやテストをみただけで、学力や何でつまづいているかがわかるようです。
学力だけでなく、本人たちの性格を考慮して、カリキュラムや指導を変えてくださるので、本人たちも勉強しやすかったようです。
また、子どものやる気を引き出す上で、親のかかわり方が大切ということで、アドバイスをいただき、納得しました。
どうしても、子どもを思うあまり、つい厳しいことを言ってしまっていたのですが、その事に気づけたことで温かく見守る方針へと変えた結果、親子関係も変わったように思います。
本間先生は、子どもたちの能力や力を誰よりも信頼して指導してくださり、とても感謝しています。
多くの方が本間先生の指導を受ける機会が増えるとよいのではと願っています。(国立市 M.A様)

PAGE TOP