高校生

安定しているかどうかの基準で将来を決めるのは難しいこと

先日、短大でビジネスマナーや接遇をおしえていらっしゃる教授とお話をする機会がありました。

オクスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らが発表した「雇用の未来」という論文がありますね。
その中で、AI等の発達により人間の行う仕事の約半分が機械に奪われてしまうという予測があります。

短大でこの論文の話をしていると、学生が「将来なくならない仕事を選ぼうとする」と、准教授がおっしゃっていました。

学生の就職活動も高校生の進路選択も同じだなぁと思いました。
そこを考えると先に進めなくなります。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

これから進路を決めようとしているお子さんがいらっしゃる保護者の方にとって、
「今後消えるかもしれない職業」は非常に気になりますよね。

予備校で進路指導をしていると、しばしば保護者の方から進路についての相談を受けます。

 

「うちの子が〇〇学部を志望しているのですが、この学部は就職に不利だと聞いています。
もっと違う学部に進学させたいのですが。」
「将来のために手に職のつく学部に進学してもらいたいのですが。」
「この資格をとっても今は就職難と聞いています。大丈夫でしょうか。」
「滑り止めになる大学で就職に有利な学部、大学はありませんか。」

 

みなさんの想いは共通しています。

 

子どもに幸せになってもらいたい

子どもの幸せを願わない親はいませんよね。
ただ、その想いを進路選択で実現することはとても難しいと思います。

まず第一に、就職に有利不利はその時期その時期によって違います。

私が予備校で働いていたころ、薬学部の志望が多く、大学の薬学部もたくさん新設されていました。
薬学部を志望しているのは、女子生徒が多かったのですが、
志望している人の半分が

就職もしやすいし、出産・子育て後でも再就職しやすいから

と言っていました。
実際はどうなのでしょうか。
そして、薬学部が4年制から6年制になってから人気も落ち着いてしまった感じがありました。

また、女子生徒が建築学部に進みたいというと、保護者から
「建築業界で女性の働く場所なんてないから。」と言われて反対されたりもしていましたが、
今は女性の設計したアパート・マンションのほうが人気がある、という話を不動産屋さんから聞いたことがあります。女性目線で作られていると使いやすいらしいんですね。

第二に、将来なくなるといっても、ある日突然その職業がなくなるわけではありません。
AIがどんどん発達して、人が仕事をする部分は少しずつなくなるかもしれません。
じゃあ、その間に、そこにいる人が変わらないかと言えば、変わっているはずなのです。
たとえば、電話交換手の仕事はずいぶん前になくなりました。でもそこで働いている人の一部は「電話応対コンテストの審査員」をやられているそうです。

「うちの子はそんなに優秀ではないから。」と思っている保護者の方。
厳しい言い方をするかもしれませんが、
日々変わらない、成長しない人だったら、その時安定している業種、仕事の中でもうまくいっていないと思います

また、今後高齢化がどんどん進んでいき、日本でも将来年金がもらえるのか、もらえたとしても生活していけるのか不透明です。
そうすると今の「65歳で定年退職」ということがスタンダートではなくなる可能性があります。70歳、80歳になっても働いていることがもし当たり前になったら、今の保護者の方と同じ就職・働き方・勤務形態ではないかもしれませんよね。

こんな話をして皆さんを不安に陥れようとしているわけではありません。
皆さんのお子さんたちが働いている未来は今とはまったく違う世界かもしれません。
だからこそ、本人がやりたいこと、一生懸命になれることの道で、日々成長し続けようとするほうが、明るい未来があると思うのです。

勉強をしていてもそうですが、同じ時間勉強しても、前向きで日々成長しようとしている人となんとなく勉強している人では成長の大きさが違うんですから。

 

ぜひお子さんの「がんばりたい」「やりたい」という気持ちを応援してあげてくださいね。

 

勉強方法だけでなく進路相談も受付中です。

気になる方はこちらからご相談くださいませ。
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザー
本間汐織

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

関連記事

  1. 小学生

    子どもへの接し方、声のかけ方は人それぞれなのです。

    ほめるブログの前に1記事投稿します。今までのブログで、保護者の方向…

  2. 小学生

    模試は〇〇状態を作って受験しよう。

    秋は模試の受験の機会が増えますね。模試受験時に実力を発揮できなくな…

  3. 高校生

    模試は点数・偏差値より〇〇を気にしよう!

    10月、11月は模試の季節。模試が終わったら何を気にしますか。…

  4. 高校生

    浪人して成功する子の特徴

    この前、浪人生の生活の乱れについて相談がありました。浪人生活では、…

  5. 中学生

    問題集・参考書の選び方 その1

    問題集・参考書を選ぶときにはどういう基準で選びますか。学校の先生や…

  6. 高校生

    私が予備校の保護者会で意識していたこと

    私が勤務していた予備校では、保護者会をよく実施していました。大体、…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP