高校生

浪人して成功する子の特徴

この前、浪人生の生活の乱れについて相談がありました。
浪人生活では、精神的つらさや生活の乱れ、等々、順調ではない出来事がたくさん出てきますが、そういう出来事があるから結果がよくなかった、ということにはならないんですよね。

順調ではない浪人生活を乗り越えて、結果を出せる子は多いです。
どいうことなのか。うまくいく子の特徴の1つについて考えてみました。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

浪人してもうまくいく子って、現役時に滑り止めの大学に進学してもうまくいく子だと思うのです。

現役の時に滑り止めの大学に受かっていて、浪人するかどうか悩む子がいます。
せっかく大学に合格しているし、浪人してもよりいい大学に受かる保証はありません。

実際、浪人して現役時に受かっていた大学より志望の低い大学にしか受からない子もいるのです。

進学か浪人か。どちらの道に進んでもうまくいく子はうまくいくのです。

なぜなら、

 

自分で選択したことを自覚し、自分の人生に責任をもって生きることができるから

 

不合格は、大学に選別されたように思うけれども、今までの自分の言動が結果にでたにすぎません。私たちは日々、自分の行動を自分で選択しています。
その選択の積み重ねが、今日を作っているんですよね。

例えば、滑り止めの大学にしか受からず、自分は浪人したかったけれども、親が浪人をゆるさなかったから、その大学に進学しました。その後就職もうまくいきませんでした。
そうすると、その大学に進学したからうまくいかなかったんだと思い込んでしまうことが多いですよね。
でも、

「滑り止めの大学に進学した」ということが、「就職もうまくいかなかった」ということの直接の原因にはなっていないのです。
その間の過程で、いろいろな選択をしているのです。その時の選択で結果は変わっていたかもしれません。

全て自分が選択したこと。

それを意識・無意識でわかっている子は、浪人しても、浪人しなくてもうまくいきます。

こんなことを10代の子が理解できるか、行動できるかって?
今すぐ理解も行動もできなくてもいいのです。
人間は成長する生き物なのですから、いろいろな経験をしながら、学んでいけばいいと思います。

「今できない」は「一生できない」ではありません。

受験って自分の人生と向き合う経験の1つだからこそ、学力だけでなく、こういうことも学んでほしいと思っています。

いろいろなことが起こる秋だからこそ、多くの子どもたちが向き合って成長できますように。

ご相談は随時受付中です。
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザー
本間汐織

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

  1. 高校生

    模試は点数・偏差値より〇〇を気にしよう!

    10月、11月は模試の季節。模試が終わったら何を気にしますか。…

  2. 高校生

    私が予備校の保護者会で意識していたこと

    私が勤務していた予備校では、保護者会をよく実施していました。大体、…

  3. 高校生

    安定しているかどうかの基準で将来を決めるのは難しいこと

    先日、短大でビジネスマナーや接遇をおしえていらっしゃる教授とお話をする…

  4. 小学生

    模試は〇〇状態を作って受験しよう。

    秋は模試の受験の機会が増えますね。模試受験時に実力を発揮できなくな…

  5. 中学生

    将来の夢について考えるなら〇〇しよう!!

    勉強をするなら、目標(将来の夢)も必要ですよね。目標を考えるときの…

  6. 中学生

    問題集・参考書の選び方 その1

    問題集・参考書を選ぶときにはどういう基準で選びますか。学校の先生や…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP