高校生

大学入試センター試験を終えた君に【国公立志望者】

久々の投稿になってしまいました。
今日は大学入試センター試験をおえた受験生のみなさんの今日からやることについてお話しします。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

大学入試センター試験はいかがだったでしょうか。
毎年難易度の上下はありますからそれを気にしても仕方ありません。
国公立大学の受験まであと1か月ほどですから、これからどのような勉強をするのかを具体化しすぐに行動しましょう。

センターがおわったら自己採点をして自分の現在の持ち点を知りましょう。
そして自分の出願する大学を絞りましょう。

「各予備校のリサーチをみてからでないと傾向や平均点がわかりませんよね。」

という人もいますが、あと1か月ほどしかないのに、3日も無駄にしたらもったいないのです。
進捗が10%くらい変わってしまいます。

センターリサーチは合否判定をみて判断している人がいますが、そんなことをしても合格にはつながりません。

第一志望と考えている学校の過去の合格者平均点、最低点が開示されていれば、
それをみてあと何点で合格する可能性があるのかを引き算しましょう。
これは大学のホームページで開示されていることが多いです。
何年か開示されていれば、何年か見てみると、その大学の合格者平均点・最低点のだいたいがつかみやすくなります。

そして二次試験の科目で自分はどのくらい点数が取れるのかを確認しましょう。
二次試験にある科目数が何科目なのか、得意科目かどうかで変わります。
特に国公立の場合、二次試験の合格に必要な得点率は5割とか6割のところが多いのです。

ですから、センター試験で点数が足りなくても、二次試験で挽回できてしまう可能性があります。
また逆もあります。
センター試験で点数がとれていても、二次試験での得点がとれる能力が足りない場合には、合格可能性が低くなります。

各予備校でだされるセンターリサーチは
二段階選抜の実施有無やその点数の予測に使いましょう。
ただしこれは予測なので外れることは多々あることをご承知おきください。

もし二次試験を満点取っても合格最低点に届かなかったり、
二次試験を●割とれば受かりそうだけど
二次試験の科目で●割取れそうになかったり、
そういう場合はどうするか考えましょう。
それでも出願することも
志望校を変更するのもそれぞれです。
この選択に正解はありません。
みなさん自身やご両親と相談をしてきめましょう。
大切なのは現状を把握してどう行動するかを自分できめることです。
各予備校がらもらったセンターリサーチの合否判定にすがってはいけません。

合格率50パーセントというのをみて、
2人に1人は受かる!
って勝手に希望を持つ人もいますが、
合格率50パーセントの点数の幅はかなりあって、
その下の方だったら50パーセントではないのです。
逆に合格率30パーセントとでていても
二段階選抜がなく、
二次試験の科目で満点が取れる力があれば受かっている子もたくさんいるのです。
これを世間では
「逆転合格」
と言ったりしているのですが、
逆転でもなく、真っ当な結果です。

本来の合格可能性のいうものはこうやって把握すべきです。
この点数がとれれば受かる可能性が高くなる、
そのためにこういう勉強を一ヶ月しよう。

そのスケジュールが立てられるかどうかがポイント。

どうやったらあと一ヶ月で合格を掴み取ることができるのか、
考えて行動してください。

がんばれ!受験生!

学習相談受付中!
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザー
本間汐織
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

  1. 中学生

    苦手な科目は勉強したくない

    薬学部に行きたいけれど、数学がきらい国際関係を勉強したいけど、苦手…

  2. 高校生

    模試は点数・偏差値より〇〇を気にしよう!

    10月、11月は模試の季節。模試が終わったら何を気にしますか。…

  3. 小学生

    子どもへの接し方、声のかけ方は人それぞれなのです。

    ほめるブログの前に1記事投稿します。今までのブログで、保護者の方向…

  4. 教育全般

    【勉強タイプ】コツコツ型の場合

    昨日は、勉強のタイプについてお話ししました。今日はタイプ別の戦略に…

  5. 高校生

    スマホがあるから集中できない②

    前回のブログでは「スマホは中毒性が高い」というお話をしました。前回…

  6. 高校生

    両立できないのではなく、両立する気がないということ

    勉強ができない理由の1つ「部活との両立ができない」。これって「両立…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP