教育全般

勉強ができるようになる魔法の口癖

「勉強する」という言葉を聞いてどんなイメージを持っていますか。
実はあなたの持っているイメージによって「勉強できるか、できないか」が決まってしまっているんです。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

先日、Facebookにて「桜餅の道明寺を食べました。」という投稿をしました。
そしたら友だちから「長命寺も美味しいと思うので~」というコメントをいただきました。

「長命寺???」

知らなかったので、ググってみました。
長命寺って小麦粉の皮で包まれたほうの桜餅のことを言うんですね。
わたしはずっと「長命寺=桜餅」という認識をしていました。

「へー、桜餅の種類って両方お寺の名前がつくのね。」

みなさんは、知らなかったことを知ったときにどう感じますか。
この感じ方で勉強のできる、できないって決まっているんですよ。
同じ物事を体験したときに2つの反応があります。

「ふーん、それで。」ってなにも感じない人。
「へー、そうなんだ!」と感じる人。

「へー、そうなんだ!」って感じるということは「心が動いている」ということなのです。
心が動くほうが定着しやすいのです。
勉強の中で心が動く状態をどれだけ作るかがポイント。

例えば、英語の単語1つとってもそう。
「話す」という言葉は日本語では1つだけれど、英語では複数ありますよね。
talk speak say tell
この時に何も感じない人と「へー、何がちがうんだろ?」と思う人といるわけです。
後者の人のほうが、覚えるにしても覚えやすいのです。
数学でもそう。
図形の問題って、そのままだと解けないんだけど、補助線たった1つで簡単に解けてしまったりします。
その時に、何も感じない人と「へー、こんなことで簡単に解けちゃうんだ!」と思うのでも違いますよね。
後者の人はほかの問題の時にも「とりあえず補助線いろいろひいてみよ」という気もちになります。

「勉強していてそんな気持ちになったことない」と思っているあなた。
その場合にも「心を動かす」言葉があるんです。
ここまで読んでピンときた人もいるかもしれません。

「へー、そうなんだ!!!」

この言葉をできるだけ感情をこめて呟いてみてください。
心に思うのではなく、口にだしていうことがポイントです。
そうすると、言葉って耳から入ってだんだんと真実になっていくのです。
自分の言葉で自分の心が動かせるようになります。
そうすると「新しいことを知ったり、できたりすることが楽しい」という気持ちになって、「勉強する」という行動がしやすくなります。

「へー、そうなんだ!!!」

できるだけ大きな声で試してみてくださいね。

学習相談受付中!
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザー
本間汐織
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

  1. 教育全般

    行動するかしないかが1年後の大きな差につながる

    最近SNSの投稿に花粉症ネタが非常に多いですよね。受験生からも「花…

  2. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その2

    前回のブログでは、ほめるための複数のステップを同時に行わないというお話…

  3. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その4

    前回までのトレーニングは継続できていますか?これが自然にできるよう…

  4. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その1

    予備校勤務時代の保護者の悩みの1つは「子どもをほめられない」…

  5. 教育全般

    「わかる」と「できる」のちがいがわかれば成績は格段にあがる

    「わかる(知ってる)」と「できる」ってちがうって知っていますか。こ…

  6. 教育全般

    新学期の1週間でやるべきこと

    今週末か来週初めから学校が始まりますよね。学校が始まった1週間でや…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP