教育全般

行動するかしないかが1年後の大きな差につながる

最近SNSの投稿に花粉症ネタが非常に多いですよね。
受験生からも「花粉症のせいで勉強に集中できないし、薬を飲むと眠たくなる」という相談を受けることが多いです。
花粉の飛び始める時期と受験シーズンが重なっているので深刻な問題ですよね。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

花粉症に関する相談は、受験生の秋ぐらいから受けることが多いのですが、もう少し早くから考えたほうがいいと思います。
わたしは、高額な治療やサプリメントが必要だとは思ってはいません。
まずは花粉症の原因とかメカニズムとかちゃんと調べてみることから始めてほしいと思っています。
「花粉症のことをちゃんと考えること」というのは、自分の問題として向き合うということにつながるからです。
周りに花粉症の人が多いから、「しょうがない」と思っている人もいるかもしれないけれど、だからといって、花粉症のことを調べないのは「怠惰」だと思うのです。
わたしもね、生まれてから今までアトピーなのです。去年の冬は、アトピーで顔全体が腫れて大変なことになりました。
毎日朝起きたらまず顔を触ってどうなっているのか確かめてた。
その時初めてアトピーと向き合おうって思ったのだけれど、よくよく考えてみたらアトピーのことよく知らなかったんです。
物心ついたころからアトピーで治らないと思っていたし、調べようともせず、親の言うことを丸呑みしていたわけです。
そしたら調べてみたら、間違ったことをたくさんしていたわけ。
でも親が悪いわけじゃないの。親だってわたしのことを思っていろいろしてくれていたのは事実なのですから。
一番問題なのは、当事者のわたしが何も調べなかったこと。
子どものときはしょうがないかもしれないけれど、大人になったら調べる機会はたくさんあったはず。
自分のことは自分で取捨選択できる状態なのに何もしていなかった。
これは「怠惰」以外のなにものでもないよね。
そして、自分の今の状況に甘んじて、何もしないで、何も変わらない状況にいることは嫌だと思ったのです。
だからこの1年、自分と向き合ってきたの。
生活習慣だったり、使用する化粧品やシャンプーやその他自分の肌に触れるものについてちゃんと考えるようになった。

花粉症も同じだと思うのです。
特に今はいろいろなところから情報を得ることができる。
その情報が正しいかどうかの判断も必要だけれど、以前に比べたら「知ることができる量と範囲」は大きいはずなのです。
花粉症の問題は1年後には間違いなく「大きな問題」となっているわけです。
そうしたら、今自分の問題としてむきあっていったほうがいいよね。
みなさんはどうしたいでしょうか。

学習相談受付中!
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザー
本間汐織
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

  1. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その4

    前回までのトレーニングは継続できていますか?これが自然にできるよう…

  2. 教育全般

    結果を出すには●●●●を決める

    結果を出すために、勉強方法にこだわる人が多いけれど、それだけじゃ足りな…

  3. 教育全般

    【勉強タイプ】コツコツ型の場合

    昨日は、勉強のタイプについてお話ししました。今日はタイプ別の戦略に…

  4. 教育全般

    親が言うことが間違っているのか、親が言うから間違ってきこえるのか

    親がいろいろ言うんだけど、親の時代と違うから・・・確かにそういうこ…

  5. 教育全般

    勉強方法が間違っているかどうかの前に確認すること

    勉強してみたけれど結果が出ませんでした、となったとき、その勉強方法が間…

  6. 教育全般

    結果を出すためのイメージトレーニング

    目標や志望校を持つことは大事なのだけれど、思うだけではまだ弱いかもしれ…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP