教育全般

結果を出すには●●●●を決める

結果を出すために、勉強方法にこだわる人が多いけれど、それだけじゃ足りないかもしれません。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

勉強方法を調べたり、決めたりすることはいいのだけれど、それをやる時間について考えていますか。
例えば、英語の成績をあげるために、予備校の評判のよい先生の授業を受けるという方法を選択するとするよね。そうすると、授業を受ける時間は確保できても、授業内容を「定着させる時間」について考慮にいれていない人が多いのです。

部活で忙しい。
学校の宿題や小テストの勉強がある。
時間を有効活用できていない。

理由はたくさんあるけれども、問題はそうではなく、「定着させる時間」をとれていないのに、成績があがらない理由をほかに求めちゃっていたら、それは本当の原因究明にはなりません。

今は部活も忙しいし、英語の授業をうけるだけで精一杯。
復習は長期休みのときにやります。

ちょっと効率が悪いけれども、こういう決め方もありなのです。
上記のようなスケジュールで行くのであれば、授業を受けている間に結果がでなくても慌てなくて済むし、目の前のことに集中することができます。
いつまでにどういう結果をだしたくて、そのためにどういう優先順位で勉強をするか、それを考えて計画を立てることが大切です。

もったいないのは、

やることをリスト化する。
やることの所要時間を考慮せず、スケジュールを立てる。
やることを消化できず、結果も出ないため、やる気を失う、あるいは勉強方法を変える。

ということをしてしまうことです。
そして、結果がでていないと、保護者も気にするし、そのことが自分にとってのプレッシャーにもなるよね。
でも、いつまでに結果をだすために、これは今集中して勉強していて、それ以外はこの1か月はちょっと抑えて、、、という計画がきちんと説明できたらいいですよね。
もしそれでは間に合わない、となれば、生活時間の見直し(部活をお休みするとか)ということが必要です。

「優先順位をつける」

これは勉強だけではなく、実生活でも大切なことです。
ぜひ一度振り返ってみてくださいね。

学習相談受付中!
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
3か月でE判定をA判定に変える能力アップ学習法
学習戦略アドバイザー
本間汐織
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

  1. 教育全般

    【勉強タイプ】コツコツ型の場合

    昨日は、勉強のタイプについてお話ししました。今日はタイプ別の戦略に…

  2. 教育全般

    結果を出すためのイメージトレーニング

    目標や志望校を持つことは大事なのだけれど、思うだけではまだ弱いかもしれ…

  3. 教育全般

    行動するかしないかが1年後の大きな差につながる

    最近SNSの投稿に花粉症ネタが非常に多いですよね。受験生からも「花…

  4. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その1

    予備校勤務時代の保護者の悩みの1つは「子どもをほめられない」…

  5. 教育全般

    2020年大学入試が変わる?って今の姿勢じゃ何も変わらない。

    大学入試が変わるといわれると不安ですよね。今までも何度も入試改革が…

  6. 教育全般

    学習戦略アドバイザー的「ほめトレーニング」その2

    前回のブログでは、ほめるための複数のステップを同時に行わないというお話…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP