高校生

最短で成績の上がる塾・予備校のクラスの選び方

昨日に引き続き、塾・予備校のクラス・コースの選び方です。
今日は最短で成績の上げる方法を教えちゃいます。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

まず自分が今どんな状態で何をしたら成績があがるか把握していますか?
これを把握せずに、志望校別のコースを選ぶ人が非常に多いですが、間違っていることが多いです。

山登りに例えると、
頂上だけみて山登りをしているようなものです。
どんなに険しい山であったとしても、足元をきちんとみていないと登れないよね。
足元をきちんと見ていないとつまずくかもしれないし、まっすぐ歩いて行ったら崖におちるかもしれないよ。
だからまずどうやったらこけずに歩いていけるかを見て行動しますよね。
山の頂上を見るのは、モチベーションを挙げたり、ペース配分を考えたりすることに火通用です。
成績を上げるためにはまず足元をしっかりと見る必要があります。

そして今どんな状態で何をしたら成績が上がるかという部分については、一番最短で成績があがるかにフォーカスしてください。
どんな状態かということは人それぞれ違います。
最短で成績を上げる方法は「わかっていることをできるようにする」ことです。
もっと細かくいうと「わかっているつもりのことをできるようにする」ことです。
テストのときには思い出せなかったけど、解説を読んだら、「これ知ってる!」と思うような内容のことです。これを完璧にすると格段に成績があがります。
でもね、人には「知りたい」「学びたい」という成長欲があります。
だから、「わかっていることをできるようにする」という行為に対してモチベーションが上がらないんですよね。
ですから、できるだけ「成績を上げたい」「成果を出したい」という気持ちを意識して思い出してください。
「知りたい」「学びたい」という気持ちを優先して、新たなことが学べるクラス(このクラスはあなたにとって難しいクラスになります)を受けていくと、わかることは増えるけれど、できることは増えません。
成績が上がらないと、「この方法は間違っているのではないか」と新たな方法を模索したくなりますよね。
そうしてまた「新しいこと」を知り、「わかった」に満足し、「できるようになる」ことをおろそかにしていきます。
大事なことは今、「わかっていることをできるようにする」ことです。
勉強が進んでいくにつれて、自然に「知らないこと」が増えてきます。そうすると「わかる」ことにも時間をかける必要があり、「できる」ところまでもっていくことが難しくなります。今のうちに、「わかる」と「できる」の違いを理解し、「できるようになる訓練」をしておくと、難しいことを学んだ時にも「できるようになる」状態までもっていきやすくなります。

「わかっているつもり」の内容を学ぶクラスというのは、一見物足りないクラスだと思います。
それを目安にクラス・コースを選んでみてくださいね。

学習相談受付中!
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザー
本間汐織
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

  1. 高校生

    行きたい学部に必要な科目が苦手科目だったら その2

    前回のブログで、苦手科目に対するメンタル面についてのお話を書きました。…

  2. 中学生

    苦手な科目は勉強したくない

    薬学部に行きたいけれど、数学がきらい国際関係を勉強したいけど、苦手…

  3. 中学生

    継続するコツ

    始めるときはやる気があっても継続することが難しいですよね。 それは…

  4. 高校生

    成績を上げるにはまちがった〇〇を残す

    数学とかの問題を解いているときに、途中で間違いに気付いたらどうしますか…

  5. 高校生

    前向きな〇〇を作ると勉強しやすい

    新学期になると進学したり進級したりして環境が変わりますよね。環境が…

  6. 未分類

    眠い時の勉強法

    勉強はやろうと思ってるんだけど、眠くなるんだよねー。部活もあり、忙…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP