小学生

子どもへの接し方、声のかけ方は人それぞれなのです。

ほめるブログの前に1記事投稿します。
今までのブログで、保護者の方向けにいろいろ書いていますが、

「こんなに(子どもに)働きかけないといけないの???」

と思った方もいらっしゃると思います。
どうしてこのように書いているのかについてお話をしたいと思います。

こんにちは。
本ブログをご訪問いただきありがとうございます。

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザーの本間汐織です。

このようにブログを書いていていつも気になることは

 

私のブログが保護者の方の不安をあおってしまっていたらどうしよう

 

ということなのです。
そこまで影響力はないとは思っていますが。

このブログをみて

「こうしなければ、子どもの成績はあがらないんだ。」

という風には思い込まないでほしいのです。
このブログの中では「子どもへの接し方、声のかけ方」についても書いていますが、

 

何も働きかけない

 

ということも接し方の1つだと思っています。
子どもに対して、無関心ということではないですよ。
愛情をもって見守る、ということです。
私は、親子関係に関するセッションも行っているのですが
干渉しないほうがうまくいっている親子もたくさんみてきています。

しかし「何もしない」って難しいんですよね。
特に、何らかの不安や悩みを抱えている人が、「何もしなくていいです。」と言われるほうがつらいですよね。

ですから、私は、「子どもに対して何かをしたい」という保護者の方に、選択肢の1つとして、何かお伝えできればいいな、と思っています。

そして、子どもへの接し方、声のかけ方には正解がありませんから、試行錯誤だと思います。

私は、お子さんが勉強方法の試行錯誤をするのと同じように、保護者の方にも試行錯誤してほしいと願っています。

 

その際、このブログが少しでも参考になればうれしいです。

 

保護者の方のご相談も受け付け中です。
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S19424017/

最後までお読みいただきありがとうございました♥

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

勉強嫌いを学びの天才にする。
3か月で脳力アップ!成績アップ!を実現する
学習戦略アドバイザー
本間汐織

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

関連記事

  1. 中学生

    勉強の習慣をつけたいなら得意科目から勉強しよう

    勉強を開始するきっかけが「苦手科目の克服」であることが多いのだけれど、…

  2. 高校生

    目の前に先生がいたほうが緊張感がある???

    わたしは以前映像授業を中心とした予備校で働いていました。映像授業の…

  3. 高校生

    自分の勉強タイプを知る

    自分の勉強のタイプって把握していますか。自分のことって客観的に見れ…

  4. 高校生

    勉強内容と意図の一致が大切

    みなさん、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしたでしょうか。…

  5. 中学生

    数字はきれいにかけたほうがよい。

    男の子のお母さまからよく「うちの子は字が汚くて。」と言われます…

  6. 高校生

    丸暗記の先にあるもの

    同じ問題を何度も解いたら、その問題の答えだけを覚えてしまって意味がない…

お客様の声

Twitter でフォロー

☟応援お願いします!下をポチっと!

☟応援お願いします!下をポチっと!

PAGE TOP